コウテイペンギンのパワプロブログ

「読む」パワプロブログを目指します

パワプロ2020 大谷智久(2015ロッテ) パワナンバー

 

幕張の海坊主

 

 

選手名 大谷智久(おおたに・ともひさ)

 

経歴 報徳学園高等学校早稲田大学トヨタ自動車千葉ロッテマリーンズ(2010②-2020)

 

2015年成績 56登板(0先発)64投球回 3勝1敗32ホールド 防御率2.39

 

f:id:EmperorPenguin:20201215000050j:plain

f:id:EmperorPenguin:20201215000107j:plain

f:id:EmperorPenguin:20201215000112j:plain

 

選手紹介

2010年代のロッテでリリーフなどで活躍した右腕。最速140キロ後半の直球と変化球を投げ分ける。"海坊主"とよも呼ばれる丸刈り頭がトレードマーク。

華々しいアマチュア時代を送っており、高校3年春のセンバツでは強豪・報徳学園のエースとして出場し、5試合すべてに完投し優勝投手に。早大時代は宮本賢とのWエースとして活躍し、4年春に最優秀防御率を受賞。トヨタ自動車時代では1年目から活躍し、日本選手権2連覇に貢献、3年目の都市対抗では優秀選手賞を受賞した。その後ロッテからドラフト指名を受けた。前年引退した小宮山悟の背番号「14」を引き継いだ。

2010年はある程度の出場機会を掴み、パ・リーグで最初の新人勝利投手になった。翌2011年は先発やロング登板を含めたリリーフとして活躍。先発での成績はあまり振るわなかったが、リリーフとしての成績は防御率1.11と優れていた。2012年は夏場からフル回転。2013年は精彩を欠いたが、2014年には復活。ビハインドでの登板からスタートしたが、中盤からはセットアッパーに定着し、防御率1.94、チームトップタイの23ホールドを記録した。

2015年は前年に引き続きセットアッパーとして活躍。64投球回で与えた四球はわずか5、与四球率は脅威の0.70と抜群のコントロールを発揮した。前年よりフォークの割合を減らし、その分カーブを増やした。キャリアハイの登板数でチーム最多でリーグ2位タイのホールドポイントをマークした。

その後も2016年は32登板で14ホールドポイント、2017年は56登板で26ホールドポイント、2018年も45登板で19ホールドポイントをマークするなど中継ぎとして躍動した。しかし、2019年、2020年は一軍での出場機会が激減。戦力外通告を受けオファーを待っていたが12月14日に引退を決意。来季からはマリーンズで育成投手コーチを務める。

 

査定について

球速 150キロという表記もあるが、公式戦最速の148キロを採用

対ピンチB

得点圏 被打率.196   被本塁打0  被OPS.483  

通算 被打率.238   被本塁打4   被OPS.604

対左打者F   対左打率.277 2本 対右被打率.203 2本

 

コウテイペンギンの独り言

(最初に豆知識)俳優の森山未來氏は高校の同級生。

査定を済ませ、作成しようと思っていたちょうどその時に引退の発表がありました。野球に取り組む姿勢や、制球力は本当に素晴らしかったです。11年間お疲れ様でした。