コウテイペンギンのパワプロブログ

「読む」パワプロブログを目指します

パワプロ2020 作成選手一覧

 

今作もまったりやっていきます

 

中日

中尾孝義(1982)

 

中村武志(1996)

 

益田大介(1997)

 

関川浩一(1999)

 

3D

エクトル・ルナ(2014)

アンダーソン・エルナンデス(2015)

リカルド・ナニータ(2016)

 

ヤクルト

 川本良平(2007)

 

 

パワプロ2020 作成選手一覧

 

今作もまったりやっていきます

 

中日

中尾孝義(1982)

 

中村武志(1996)

 

益田大介(1997)

 

関川浩一(1999)

 

3D

エクトル・ルナ(2014)

アンダーソン・エルナンデス(2015)

リカルド・ナニータ(2016)

 

ヤクルト

 川本良平(2007)

 

 

パワプロ2020 川本良平(2007ヤクルト) パワナンバー

 

パンチ力が魅力のキャッチャー

 

 

選手名 川本良平(かわもと・りょうへい)

 

経歴 崇徳高等学校亜細亜大学東京ヤクルトスワローズ(2005④-2012)ー千葉ロッテマリーンズ(2013-2015)ー東北楽天ゴールデンイーグルス(2016)

 

2007年成績 .208(144-30)    7本 19打点 6盗塁0盗塁死 盗塁阻止率.412(17-7)    

 

f:id:EmperorPenguin:20200920111921j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200920111927j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200920111935j:plain

 

選手紹介

パンチ力のある打撃や積極的なプレーで古田敦也の後継を期待された捕手。捕手ながら俊足も兼ね備えていた。

アマ時代には内野手としてだが日米大学野球選手権大会代表に選出、東都大学リーグベストナインなどの実績を残しヤクルトに入団。4巡目指名ながら推定契約金が上限の1億円と非常に高い待遇を受けていた。

一軍初出場は3年目の2007年。初出場した試合で3ランホームランを放ち、好リードで完封リレーを導くなど鮮烈なデビューを飾った。8月半ばからスタメンに定着し、打率は振るわなかったものの7本塁打を放ち、弱点とされた肩でも高い盗塁阻止率をマークした。

2008年も6月半ばまで打率3割をマークするなど正捕手定着を予期させたが、守備面での課題が目立ってしまい前年の勢いを逸してしまった。

2009年には相川亮二が入団したため出場機会が減少。その後は2番手捕手としての役割に徹した。

2012年頃には中村悠平の台頭があり、2013年に田中雅彦とのトレードでロッテに移籍。出場機会を掴んだが、正捕手定着には至らなかった。

2015年には楽天に移籍するも目立った活躍はできず戦力外通告を受けその年限りで引退した。

現在はアパグループに勤務。野球とは違うフィールドで活躍している。

 

査定について

得能は2007年+出場機会が多かった2008年も加味

打撃

[(2007年・2008年)2008年通算打率.253]

チャンスC  得点圏.227・.289

対左投手B  対左打率.270・.277  対右打率.187・243

 

守備

サプポジ一塁&外野 一軍では起用されていないが二軍で守っている

 

コウテイペンギンの独り言

栄冠ナインにはまってしまったので久しぶりの投稿となりました。アパではダブルマイナスイオンのドライヤーを選定し、ホームベースではなく女性の髪の毛を守っています。

 

 

 

 

 

 

 

パワプロ2020 中村武志(1996中日) パワナンバー

 

強肩強打の司令塔

 

 

選手名 中村武志(なかむら・たけし)

 

経歴 花園高等学校中日ドラゴンズ(1985①-2001)ー横浜ベイスターズ(2002-2004)ー東北楽天ゴールデンイーグルス(2005)

 

1996年成績 .271(376-102)    12本 37打点 2盗塁0盗塁死 盗塁阻止率.390(50-32)

 

f:id:EmperorPenguin:20200830221257j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200830221304j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200830221326j:plain


選手紹介

強肩と強打かつ意外性のある打撃を武器に80年代後半から2000年代前半まで竜のホームベースを守った。投手陣からの信頼も絶大だった。星野監督から最も殴られた男としても知られる。*1

高校時代は新聞配達をトレーニングの意を込めてしていた。甲子園出場はなかったものの、遠投120メートルともいわれた強肩を買われてドラフト1位で中日に入団した。

プロでは壁にぶつかり、2年目の86年オフには整理対象選手に挙げられたが、星野監督に抜擢され、猛練習の甲斐あって87年には一軍に定着した。88年には肩に不安のある中尾孝義が外野にコンバートされ、6月以降は実績十分のベテラン・大宮龍男大石友好のサポートを受けながらメインで起用された。盗塁阻止率.448と強肩を発揮し、この年のチームの優勝にも貢献した。

翌89年は打撃でも成長をみせ、盗塁阻止率は.516をマークした。91年は盗塁阻止率は落ち込んだものの20本塁打、62打点と自己最高の打撃成績をマークした。7月19日には代打満塁弾とサヨナラ弾を1日で記録した。95年にも盗塁阻止率.519を記録。捕手として規定出場し、盗塁阻止率5割越えを2度記録したのは4人のみである。

96年は自己最高の打率をマークし、盗塁阻止も悪くなかった。ナゴヤ球場最終年のリーグ2位に貢献した。

99年には自身2度目のリーグ優勝。01年オフに谷繁元信を獲得したことによりチャンスを求め横浜に移籍。この時中村は、前年の契約更改で提示された3年契約のノルマをクリアしていたにもかかわらず、谷繁に正捕手確約を提示した球団に不信感を募らせていた。(=正捕手がダブルブッキングしてしまっていた)

横浜では肩や守備の衰えは隠しきれなかったものの、打撃ではある程度の活躍を見せた。05年は草創期の楽天に移籍し2番手捕手として最後の活躍を見せた。

その後は横浜、中日、ロッテ、韓国プロ野球チーム、そして現在は再び中日でバッテリーコーチを務める。

 

査定について

打撃

チャンスF    得点圏.226

対左投手E    対左打率.257    対右打率.275

満塁男 満塁打率.353(17-6)

初球○       ノーストライク打率.364(118-43)

併殺 17併殺打

 

守備

盗塁阻止率が非常に高いわけではないが肩力を下げたくなかったので守備力を下げた。

 

コウテイペンギンの独り言

はっきりとしたベストイヤーがないので何年にするか迷いましたが、バランスが整っている96年にしました。横浜移籍時のいざこざはフロントの対応が良くなかったと思います。ここまで絶大な信頼感を得る捕手は貴重ですからね。

*1:もちろん暴力が擁護されるものではない

パワプロ2020 中尾孝義(1982中日) パワナンバー

 

新世代キャッチャー

 

 

選手名 中尾孝義(なかお・たかよし)

 

経歴 滝川高等学校専修大学プリンスホテル中日ドラゴンズ(1981①-1988)ー読売ジャイアンツ(1989-1992)ー西武ライオンズ(1992-1993)

 

1982年成績 .282(394-111)    18本 47打点 7盗塁2盗塁死 盗塁阻止率.429(56-42)    

MVP    ベストナイン ダイヤモンドグラブ賞*1

 

f:id:EmperorPenguin:20200824212850j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200824212855j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200824212905j:plain


選手紹介

スタイリッシュな細身で、ずんぐりした体型で鈍足という捕手の従来のイメージを一新したキャッチャー。俊足強肩と高い打撃力に加え、アグレッシブなプレーが持ち味。ツバのない丸いヘルメットの走りであったことからついた愛称は"一休さん"。

専大時代は東都大学リーグでプレー。4年の春季リーグで優勝し最高殊勲選手に選ばれ、日本選手権では準優勝。リーグのベストナインには4回選出された。同年の第7回日米大学野球では正捕手として全7試合に出場した。社会人時代にも久慈賞を獲得したり、チームを初の都市対抗に導くなど活躍した。

プロでも1年目から16年間正捕手を務めてきた木俣達彦とレギュラー争いをする。守備は粗削りな部分が多く、打撃でも木俣に敵わなかったものの、盗塁阻止や積極的な守備、走力をアピールし9月には正捕手の座を掴んだ。

2年目は開幕から扇の要を担い、強気のリードで投手陣を牽引。攻守に活躍を見せ、リーグ優勝に貢献し、セ・リーグ初の捕手のMVP。打撃や盗塁阻止率で他チームの捕手を圧倒し、ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞も受賞し、捕手としてのタイトルを総なめした。西武との日本シリーズでは敗退したものの、全試合でスタメンマスクを被り、優秀選手賞を受賞した。

その後はハッスルプレーの代償でケガが重なり、正捕手の座を維持できない年が続いた。一方で1985年まで4年連続二桁ホームランをマークするなど活躍も見せた。1988年にはコーチと反りが合わず直訴して外野手に転向。

西本聖・加茂川重治とのトレードで1989年からは巨人でプレー。再び捕手としてレギュラーとなり、ベストナインゴールデングラブカムバック賞を受賞した。また、斎藤雅樹の一本立ちにも大きく貢献した。1990年以降はケガが重なり、1992年に大久保博元とのトレードで西武に移籍。復活とはならず、1993年に戦力外通告を受け引退。

引退後はバッテリーや打撃のコーチ、スカウト、高校野球の監督などを務めた。スカウトとしては原口文仁や岩崎優の入団に尽力した。

 

査定について

打撃

チャンスE    得点圏.254

逆境○ 映像を見てのイメージ。チャンスEの補填の意味も込めて

 

守備

捕球F37 捕逸、失策が多い

キャッチャーC

Bと迷ったがチーム防御率がそこまで良いわけではないので。

 

 

コウテイペンギンの独り言

俊足や積極的なプレーで捕手のイメージを変えましたが、その後も似たタイプの選手はあまり現れていないと思います。1984年のオールスターでは江川卓の8連続奪三振をアシストしました。中日で特に長い間正捕手を担ったとされる4名*2の中で一番好きです。

 

 

パワプロ2020 益田大介(1997中日) パワナンバー

 

ドーム野球の申し子

 

 

選手名 益田大介(ますだ・だいすけ)

 

経歴 滝川第二高等学校龍谷大学中日ドラゴンズ(1996⑥-2001)ー大阪近鉄バファローズ(2001-2004)ー東北楽天ゴールデンイーグルス(2005-2006)

 

1997年成績 .269(402-108)    2本 24打点 11盗塁8盗塁死 8三塁打

 

f:id:EmperorPenguin:20200813223104j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200813223109j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200813223114j:plain

 

選手紹介

俊足強肩とシュアな打撃を武器にナゴヤドーム移転元年にレギュラーを掴んだ外野手。

高校時代は速球派投手。大学途中から打者一本になり、2年春季リーグで打率.500で首位打者を獲得、またベストナインを3回受賞した。

1年目の1996年は49試合に出場し31安打で打率.301をマーク。斎藤雅樹からは打率7割を残した。

本拠地がナゴヤドームに移転した2年目は俊足と強肩を武器に"ドーム野球の申し子"として中堅手のレギュラーを奪取。リーグ最多の8三塁打を放ち11盗塁を決めるなどの活躍を見せたものの、走攻守に状況判断の悪いプレーも多く、星野監督をたびたび怒らせた。

翌年以降はミスの多さに加え、故障や関川浩一の台頭も重なり出場機会を大きく減らしてしまう。それでも1999年日本シリーズでは安打を量産し、シリーズ首位打者に輝いた。

2001年シーズン途中に金銭トレードで大阪近鉄バファローズに移籍。その年の優勝決定試合では9回裏無死2・3塁の場面でギルバートの代打で出場し四球を選び、北川博敏の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームランのお膳立てをするなど代打として活躍した。

2005年に分配ドラフトを経て東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。楽天でもそれなりに出場機会を得たものの、2006年オフに戦力外通告を受けて引退した。

その後は楽天のジュニアのコーチや二軍野手コーチを務め、現在は楽天の裏方にまわっている。

 

査定について

打撃

ミートC&三振 三振率.219、微妙だが三振をつけてミートを上げ巧打者っぽく。三振で状況判断の悪さ=脆さの表現。

対左投手E    対左打率.247    対右打率.274

慎重打法 ツーストライクまでいった打席が多い

 

走塁

走塁B積極走塁    リーグ最高三塁打8本。積極走塁は状況判断の悪さも表現。

 

守備 

守備力D捕球B 1997年から2004年途中まで200試合以上ノーエラー。状況判断の悪さを表現するのに守備力は低めに。*1

 

コウテイペンギンの独り言

ナゴヤドーム元年にレギュラーを張った選手です。数字に表れないミスが多く、星野監督と相性が悪かったように思います。近鉄にトレードされずにドラゴンズで代打の切り札となった世界線も見てみたいですね。

*1:エラーをつけるわけにもいかなかった

パワプロ2020 関川浩一(1999中日) パワナンバー

 

影のMVP

 

 

選手名 関川浩一(せきかわ・こういち)

 

経歴 桐蔭学園高等学校駒澤大学阪神タイガース(1991②-1997)ー中日ドラゴンズ(1998-2004)ー東北楽天ゴールデンイーグルス(2005-2007)

 

1999年成績 .330(522-172)[リーグ2位]  4本 60打点 20盗塁(11盗塁死)    ベストナイン

 

f:id:EmperorPenguin:20200810131538j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200810131544j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200810131554j:plain

 

選手紹介

三拍子揃ったガッツマン。ヒゲと一塁への強烈なヘッドスライディングが代名詞。1999年はMVPこそ19勝をあげたエース・野口茂樹に譲ったが、"影のMVP"と呼ばれる活躍でチームを優勝に導いた。

シニア時代には巨人・篠塚和典に憧れ左打ちに転向。高校時代には1年夏に外野手兼捕手で甲子園出場。大学時代には捕手として東都大学リーグベストナインに2度選出され、青学大奈良原浩首位打者争いもした。

阪神時代は捕手をメインとして外野手、一塁手としても出場。5年目の1995年は捕手としてのチーム最多試合に出場し、初の規定打席に到達。打率.295、12盗塁をマークした。1996年と1997年は規定打席には届かなかったものの3割をマークした。

1997年オフに大豊泰昭矢野輝弘とのトレードで久慈照嘉と共に中日に移籍。以降は本人の強い意思もあり外野に専念した。

移籍1年目の1998年からレギュラーに定着し、3割は逃したが、規定打席に到達した。

前年のV逸の悔しさをぶつけて挑んだ1999年は多くの項目でキャリアハイを記録。走攻守でチームを牽引し、リーグ優勝へと導いた。1番だけでなく3番でも起用されるなど打撃も非常に勝負強かった。しかし日本シリーズでは、初戦に工藤公康に狙い球を待つ時の癖を見破られパニックに陥り、打率.095に終わってしまった。

その影響か、翌年以降は成績が大きく下降してしまった。それでも2003年は107試合で打率.316を記録し、意地を見せた。

2004年オフに発足したての楽天に移籍し、2005年の開幕戦は1番・レフトでスタメン出場。新球団一人目の打者になった。この年、通算1000本安打を達成した。楽天時代はそれなりに出場したものの、故障を抱えていたこともあり目立った結果を残すことは出来なかった。2007年限りで引退。コーチを楽天韓国プロ野球阪神で務め、現在はソフトバンクの三軍打撃兼外野守備走塁を担当している。

 

査定について

青竹龍尾(はるまき)さんのものをかなり参考にさせていただきました。(査定が完璧でどうしても近寄ってしまいました。)ありがとうございます。

 

打撃

チャンスB 満塁男

ランナーなし 打率.308(299-92)    1本

得点圏 打率.369(122-45)   2本

満塁 打率.444(9-4)

 

流し打ち 内野安打〇

流し打ち方向 42安打 1本

センター方向 53安打

引っ張り方向 42安打 1本

内野 28安打 (リーグ1位)

 

固め打ち 猛打賞15回

粘り打ち 2ストライク打率.268 (リーグ4位)

サヨナラ男 8月17日巨人戦に槙原寛己からサヨナラ打。7月30日ヤクルト戦ではサヨナラ犠飛

 

走塁

かく乱 塁に出ると得点につながった

 

回復C    この年のみ全試合出場

人気者 この頃、ガッツ溢れるプレーでチーム1の人気を誇っていた。オールスターにも選出。

 

 

コウテイペンギンの独り言

リアルタイムで見たことはないものの、とても好きな選手なので作りました。特にこの1999年の活躍は記録にも多くの人の記憶にも残っているはずです。全力プレーの熱い選手はやっぱりいいですね。

 

パワプロ2020 リカルド・ナニータ(2016中日) パワナンバー

 

バットコントロール巧みなドミニカン

 

 

選手名 リカルド・ナニータ 

 

経歴 サン・フアン・バティスタ高等学校ーフロリダ国際大学シカゴ・ホワイトソックス傘下(2003-2008)ーモンテレイ・サルタンズ(2009)ーベラクルス・レッドイーグルス(2009)ータバスコ・キャトルメン(2010)ートロント・ブルージェイズ傘下(2010-2014)ーキンナタロー・タイガース(2014)ー中日ドラゴンズ(2015-2016)ーオアハカ・ウォーリアーズ(2018)

 

2016年成績 .285(319-91)    8本 35打点

 

3D

エクトル・ルナ

アンダーソン・エルナンデス

リカルド・ナニータ   

 

f:id:EmperorPenguin:20200802195825j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200802195820j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200802195806j:plain

 

選手紹介

ノーステップ打法が特徴で、巧みなバットコントロールからシャアな打撃をするドミニカン外野手。

来日前はマイナーリーグメキシカンリーグでプレー。2013年には第3回WBCドミニカ共和国代表に選ばれ、予選でブレークし本戦でも8番・レフトでスタメン起用された。同大会でドミニカ共和国は優勝した

2015年からは中日に所属。序盤は好調だったが、以降は腰痛や左肘痛に悩まされた。シーズン通算では52試合に出場し本塁打こそ放てなかったが打率.308をマークした。8月に肘の手術を受け、またオフには話題になる程の大幅な肉体改造に成功した。*1

2年目の2016年は、開幕は代打で迎えたものの徐々にスタメン起用が増え、主にビシエドの後ろを打つ5番として活躍。左肘痛が再発し、8月中ばに離脱したものの、肉体改造の甲斐があり92試合で8本と本塁打が激増した。しかしながら怪我の影響もあり日本でのプレーはこの年までとなった。

2017年はトミー・ジョン手術を受け全休。2018年はNPB復帰を目標としていたが叶わず、メキシコリーグで4試合出場にとどまった。同年8月に母国でプレーしていた際にフェンスに激突、右腕数カ所を折る重傷を負った。

現在について明確な記載はなかったが、Twitterでは子供たちに指導する様子を投稿している。

Ricardo Nanita on Twitter: "Básico. Simplifiquemonos la vida como bateador.… "

 

査定について

打撃

チャンスE 得点圏 打率.279 1本 Dでよかったかも

プルヒッター 引っ張り方向 打率.551    7本塁打

初球○   ノーストライク打率.414

併殺 9併殺

 

守備

デフォでは一塁適性が付いているが、日本では守っていないのでカット

 

回復E   毎年の離脱&序盤の成績が良いため

国際大会〇 WBCでの活躍

 

 

コウテイペンギンの独り言

2年目はケガがなければ3割、2桁本塁打のチャンスはあったと思います。

Jリーグ名古屋グランパスダニルソン選手のチャントを元ネタとする専用コールは懐かしいですね。

 

ナニータ ナニータ ナニータ Oi Oi  Oi 

ナニータ ナニータ ナニータ Oi Oi  Oi 

 

 

最後になりましたが3DのDはドミニカ共和国のDです。

 

 

 

 

*1:体重12キロ減、体脂肪も半減