コウテイペンギンのパワプロブログ

パワプロシリーズのことなどを書きます

パワプロ2019 パワナンバー 一覧

だんだん増やしていければいいな

 

ソフトバンク

江川智晃(2013)

 

ロッテ

伊志嶺翔大(2011)

 

オリックス

大引啓次(2009)

 

ヤクルト

相川亮二 (2010)

 

三輪正義(2013)

 

横浜

大家友和(2010)

 

山崎憲晴(2014)

 

阪神

安藤優也(2008)

 

中日

森田幸一(1991)

 

ディンゴ(2000)

 

マット・クラーク(2013)

 

若松駿太(2015)

 

野村亮介(2015)

 

武山真吾(2017)

 

琉球

又吉亮文(2020)

 

日隈モンテル(2020)

 

上原幸真(2020)

 

神谷塁(2020)

 

比屋根渉(2020)

 

岸里亮佑(2020)

 

加藤徹(2020)

 

大城駿斗(2020)

 

森颯馬(2020)

 

花城凜(2020)

 

ドラフト候補

玉村昇吾(丹生高)

 

玉村昇悟(覚醒版)

 

 

 

パワプロ2019 パワナンバー 一覧

だんだん増やしていければいいな

 

ソフトバンク

江川智晃(2013)

 

ロッテ

伊志嶺翔大(2011)

 

オリックス

大引啓次(2009)

 

ヤクルト

相川亮二 (2010)

 

三輪正義(2013)

 

横浜

大家友和(2010)

 

山崎憲晴(2014)

 

阪神

安藤優也(2008)

 

中日

森田幸一(1991)

 

ディンゴ(2000)

 

マット・クラーク(2013)

 

若松駿太(2015)

 

野村亮介(2015)

 

武山真吾(2017)

 

琉球

又吉亮文(2020)

 

日隈モンテル(2020)

 

上原幸真(2020)

 

神谷塁(2020)

 

比屋根渉(2020)

 

岸里亮佑(2020)

 

加藤徹(2020)

 

大城駿斗(2020)

 

森颯馬(2020)

 

花城凜(2020)

 

ドラフト候補

玉村昇吾(丹生高)

 

玉村昇悟(覚醒版)

 

 

 

パワプロ2019 琉球ブルーオーシャンズ外野手 パワナンバー

 

せっかく作った選手なので紹介します。(パワプロ2020で作り直しますけどね)

4選手を一回にまとめてになりますがご了承ください。

 

 

f:id:EmperorPenguin:20200405192208j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200405192226j:plain

 

選手名 岸里亮佑 (きしさと・りょうすけ)

経歴 花巻東高校-北海道日本ハムファイターズ(2014⑦-2019)-琉球

紹介 日本ハムから琉球へと移籍した外野手。琉球ではクリーンナップを多くの試合で任されており4月1日の沖縄電力戦ではHRを放った。そのような点を加味してミートを上げています。ちなみにイースタン・リーグの高卒新人最多安打記録を持っている

 

f:id:EmperorPenguin:20200405192318j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200405192159j:plain

 

選手名 加藤徹 (かとう・てつ)

経歴 膳所高等学校-筑波大学

紹介 滋賀にある全国でも指折りの進学校膳所から筑波大に進学し文武両道を体現した外野手。高校時は投手でエースだった。大学ではあまり公式戦に出られなかったが、パワーが魅力でミート力をつければ更に良い打撃ができるだろう。同じく筑波大から琉球に進んだ大城外野手は、キレたところを見たことがないという。

 

f:id:EmperorPenguin:20200405192238j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200405192247j:plain

 

選手名 大城駿斗 (おおしろ・はやと)

経歴 那覇国際高校-筑波大学

紹介 那覇市出身のしまんちゅ。県内屈指の進学高・那覇国際から前記の加藤選手と同じく筑波大に進学。大学時代には強打者として期待されるも、実践に苦手で公式戦出場は代打の1試合のみ。大学卒業後は大学院進学も視野に入れていたが、加藤選手に誘われ琉球に入団。フルスイングから放つ強い当たりが魅力で、多くの試合で5番を任せられている。

 

f:id:EmperorPenguin:20200405192255j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200405192303j:plain

 

選手名 花城凜 (はなしろ・りん) 

経歴 宮古高校-長崎国際大学(中退)

紹介 こちらも沖縄出身のウチナーンチュ。宮古高3年時は中心打者としてチームをけん引し、ベスト8の結果を残した。井出コーチ曰く「野性的で体力は無限」。お詫びになりますが、名前は「凛」さんではなく、「凜」さんなのですが、パワプロ2018にはおそらくないと思われます。結構ある名前なのでパワプロ2020では収録してほしいです。

 

査定について

学生時代の成績が見つからない選手も多く、打順や映像、文章が査定の高いウェイトを占めています。ですのでパワプロ2020で再作成したときに能力が大きく変わる可能性があります。またミートは仮面町さん理論でオーペナとかでも使えるようにやや盛り目です。

 

コウテイペンギンの独り言

少し選手名鑑を意識して書きました。いかがでしょうか?

 

パワプロ2019 森颯馬(2020琉球) パワナンバー

 

琉球のチャンスメーカー

 

 

選手名 森颯馬

 

経歴 大阪学芸高校兵庫ブルーサンダーズ(2017-2019)ー琉球ブルーオーシャンズ(2020-)

 

選手紹介 

3年間兵庫ブルーサンダースに所属した俊足外野手。3年目の成績でいうと、武器の俊足で17盗塁を記録した。打撃面は打率.182ながらも出塁率は.407をマークするなど出塁能力は高い。外野手ながら12あった失策は伸びしろだろう。高い向上心を持ち、皆から信頼されていて3年目には主将を務めた。リーダーシップのある選手。

2020年からは琉球ブルーオーシャンズに所属。主に1,2,9番、ポジションはセンターで活躍している。

 

f:id:EmperorPenguin:20200401234202j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200322143217j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200322143209j:plain

 

査定について (2019年のデータで査定)

弾道パワー(24) 長打がなかった

ミート 打率のわりに高いが、弾道1,パワー27&レギュラー格なのを考慮して

チャンスC 得点圏打率.296

 

コウテイペンギンの独り言

バッティングの対応力を身につければ更に輝ける選手だと思います。応援しています。

 

今後の方針

先日、待望のパワプロ2020が発表されました。まあまあデカめの新要素として野手回復の実装があります。それを反映したいので、2019で少しずつ琉球の選手を作ろうとしていたのを野手のほうは一旦ストップしようと思います。発売されるまでとりあえずは投手(NPBから移籍以外&シンキングファストとパワーカーブなし)の作成に当たります。

以上

 

 

 

 

 

 

パワプロ2019 上原幸真(2020琉球) パワナンバー

九州六大学リーグ最優秀防御率右腕

 

選手名 上原幸真 (うえはら こうしん)

 

経歴 鹿児島城西高等学校福岡大学琉球ブルーオーシャンズ (2020 - )

 

選手紹介

沖縄県与那原町出身の右サイドハンド。多彩な変化球をもち、テンポ良く投げる。福岡大学時代には最優秀防御率を記録した。

沖縄出身の監督にスカウトされ鹿児島城西高に進学。2年秋からエースを務めた。3年夏の予選では決勝まで進むなど甲子園出場はならなかったが結果を残した。

その後福岡大学に進学。

高校卒業後は福岡大学に進学したが、故障に苦しみようやく4年春にベンチ入り。全日本大学野球選手権ではビハインドでのリリーフ登板だったが、5回を2失点と好投した。同年秋の九州六大学リーグでは最優秀防御率賞(0.78)をとり、ベストナイン投手に選出され、優秀選手賞を受賞。プロ志望届を出すも残念ながらドラフトにはかからず、琉球ブルーオーシャンズのトライアウトに参加し合格、入団した。

 

f:id:EmperorPenguin:20200322143327j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200322143313j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200322143241j:plain

 

査定について 

リリース〇 どこかに同じフォームから直球と変化球を投げ分けると記載されていた

 

コウテイペンギンの独り言

実戦登板はまだあまりないようですが頑張ってほしいですね。

 

コウテイペンギンからのお詫び

査定に苦戦して投稿をすっぽかしました。すいまぺん。

あと改装しました。PC版でみてもらえるとわかりやすいと思います。

 

 

パワプロ2019 日隈モンテル(2020琉球) パワナンバー

 久しぶりの投稿になります。将来が楽しみな選手です。

 

球NO.1プロスペクト

 

 

選手名 日隈モンテル

 

経歴 金光大阪高等学校OBC高島琉球ブルーオーシャンズ (2020 - )

 

選手紹介

185cmの身長を生かしたスピンの効いたストレートが魅力で琉球の中でも最大級のポテンシャルを持つ右腕。アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで兄はヤクルトの日隈ジュリアス。

金光大阪高校2年時に野手から投手に転向。しかし、全身の成長痛に悩まされてベンチ入りも出来なかった。高校卒業後、大家友和氏がGMを務めるクラブチーム・OBC高島に入団。阪神との交流試合では代打で出場した。

2019年11月には琉球ブルーサンダースのトライアウトに参加し合格。チーム最少選手として入団した。今月15日に琉球にとって初の実戦、中国・北京タイガースとの練習試合で先発登板し、3回を2安打無失点で抑えた。野球YouTuberのクーニン氏の動画にも出演しており、筋力とマウンドでの適応力をあげればNPB確実な素材と評されている。

 

f:id:EmperorPenguin:20200228235721j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200228235726j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200228235732j:plain

 

査定について

Hシュート ツーシームです

ノビC   スピンの効いたストレート

ケガE、回復E   実戦経験が乏しく体もこれから更に出来上がっていくであろうから

リリース〇 ストレートとスライダーの投げ方が同じ

調子極端 調子にムラがありそう

 

 コウテイペンギンの独り言

まだ実戦経験も少ない選手なのでデータも少なく査定も難しかったです。試合で活躍してまた新しく査定できたら嬉しいです。

 

 

 

パワプロ2019 神谷塁(2020琉球)パワナンバー

お久しぶりです。二週間ちょっとぶりの更新になります。

 

 

琉球の韋駄天

 

 

選手名 神谷塁

 

経歴 北山高校ービック開発ベースボールクラブー石川ミリオンスターズ(2017-2019)ー琉球ブルーオーシャンズ(2020-)

 

選手紹介

BC・石川から琉球に移籍した50メートルを5.7秒で駆ける快速選手。石川の韋駄天と称されていた。

北山高校では3年春に県大会で優勝し九州大会にサード、救護投手として出場した。高校卒業後はビック開発ベースボールクラブで3年間プレーした。

その後石川ミリオンスターズに入団。1年目からレギュラーに定着し打率はそこまで上がらなかったものの、規定打席に到達。リーグ5位の24盗塁をマークした。2年目の2018年は1・2番として起用されその俊足を惜しみなく発揮。35盗塁で盗塁王を獲得した。このオフに巨人の入団テストを受けて通過しリストに名を並べたものの、ドラフトでは指名されなかった。3年目はその悔しさをバネにバッティングに力をつけて前年度の打率.246を大きく上回る.332をマーク。走塁面も43盗塁で2年連続盗塁王を獲得。守備面は主に1年目はショート、2年目はセンターとライト、3年目はセカンドを守るなどユーティリティ性が光る。遠投も110メートルと肩もなかなかである。

2020年からは琉球ブルーオーシャンズに入団。更に実力を磨きNPBを目指す。

 

f:id:EmperorPenguin:20200211230037j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200211230046j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200211230104j:plain

 

 査定について 

2019年シーズン(通算)の成績を元に査定しました。

走力 50m5.7秒はソフトバンク周東(走力S94)と同じなので高すぎる気がしないこともないけどいいでしょう。

チャンスC 得点圏.347 通常.332 前後期とも得点圏打率が通算打率を超える

対左投手F 対左.287 対右.349

走塁C  塁に到達するやや手前で少し力を抜き、最短経路での走塁を意識しているそう

流し打ち 安打方向 左35  右15

人気者 うかつにもついてしまいましたがよく考えると50m5.7秒のスピードスターは人気になるはずなので許容

 

コウテイペンギンの独り言 

「塁」という名前はお母様がつけられたそうです。シンメトリーの漢字なので裏表がなく、自分もそんな人間になりたいと語っています。

 

 

 

パワプロ2019 又吉亮文(2020琉球) パワナンバー

最近あまり投稿出来ておりません。久しぶりの投稿になります。

 

 

琉球サイドスロー

 

 

 選手名 又吉亮文

 

経歴 沖縄県浦添高等学校ー環太平洋大学香川オリーブガイナーズ (2018 - 2019)ー琉球ブルーオーシャンズ (2020 - )

 

選手紹介 

中日・又吉克樹の弟。兄と同じくサイドスローから思い切りの良い直球を繰り出す。

高校時代はオーバースローで急速も120キロ前後の平凡な選手だった。高校卒業後は野球を諦め教師になろうとしていたが、兄がプロ入りしたことで奮起し、環太平洋大学へ進学。2年時には監督の指導でフォームをスリークォーターにするなどにして最速140キロにまで成長。3年からセットアッパーを任される機会が増え、3、4年時には神宮大会に出場した。

2018年からは2位指名を受けた四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズでプレー。フォームがサイドスローになりシーズン終盤には147キロをマークするまでに成長。ほぼ中継ぎとして活躍し、防御率2.35という成績を残した。リーグチャンピオンシップにも登板し、第2戦では7回表二死二塁の場面から最終回まで完璧に封じこめ、リーグ総合優勝に貢献した。2年目はクローザーとしてシーズン序盤から活躍。北米遠征メンバーに選出されるなど(腰の違和感で辞退)前期はリーグトップの防御率0.31、5セーブ、チームトップタイの3勝でチームMVPとなった。最終的には44試合に登板して防御率2.29を記録。5勝、13セーブをあげて、最多セーブのタイトルを獲得。シーズンを通してのチームMVPにも選出された。イースタン、フェニックスリーグのNPB選手相手にも実力を発揮したが、プロから指名はなかった。10月31日に退団。

2020年より琉球ブルーオーシャンズに入団。

 

f:id:EmperorPenguin:20200211230111j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200211230119j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200211230123j:plain

 

査定について

2019年ベースに2018年の要素を加えました。

 

対ピンチE  

2018年  前期得点圏.250  走者なし.185  後期得点圏.240  走者なし.231

2019年  前期得点圏.185  走者なし.115  後期得点圏.177    走者なし.340

ブレが大きいですが総合してE

 

対左打者F  

右のサイドスローの代名詞。データも2018年前期以外は左右で差が大きい。

2018年  前期対左.174  対右.182  後期対左.280 対右.172

2019年  前期対左.226  対右.226  後期対左.315 対右.143  

 

打たれ強さE  複数失点が多い

ケガしにくさE  2017年、2018年ともにケガ

回復D  2019年44登板とNPBでもないのにバリバリ投げているものの、後期は前期より大きく成績を落としているため平均的に

逃げ球 18,19年ともに被本塁打0

奪三振 イニング数を上回る奪三振

 

コウテイペンギンの独り言

兄・又吉克樹とは年が5つも離れておりたまに連絡する時は敬語になってしまうそうです。快速サイドスローとしてNPBでも見てみたいですね。