コウテイペンギンのパワプロブログ

中日ドラゴンズのOB中心に作成中

パワプロ2022 作成選手一覧 ‐ コウテイペンギンのパワプロブログ

 

待望のスーパールーキー、パワプロ2022のお目見えだ!

今作もマイペースにいきます。

 

ヤクルト

飯田哲也(1992)

川崎憲次郎(1998)

八木亮祐(2013)

 

巨人

西村健太朗(2013)

 

阪神

 

広島

栗原健太(2008)

下水流昂(2018)

 

中日

宇野勝(1985)

アロンゾ・パウエル(1995)

ダネル・コールズ(1996)

山崎武司(1996)

門倉健(1998)

関川浩一(1999)

エディ・ギャラード(2002)

落合英二(2003)

平井正史(2003)

大塚晶則(2003)

渡邉博幸(2004)

井端弘和(2005)

小笠原孝(2007)

高橋聡文(2010)

マキシモ・ネルソン(2011)

山内壮馬(2012)

武藤祐太(2013)

若松駿太(2015)

小熊凌祐(2016)

鈴木翔太(2017)

三ツ間卓也(2017)

松井佑介(2017)

井領雅貴(2019)

マイク・ガーバー(2021)

 

DeNA横浜

川村丈夫(1999)

藤井秀悟(2013)

 

オリックス

武田健吾(2017)

スティーブン・モヤ(2020)

 

ロッテ

松永昂大(2013)

 

楽天

枡田慎太郎(2013)

 

ソフトバンク

日本ハム

 

西武

坂田遼(2013)

小川龍也(2019)

 

近鉄

赤堀元之(1992)

村上嵩幸(1992)

 

 

パワプロ2022 再現 松永昂大(2013ロッテ) パワナンバー

 

鴎を支える馬車馬サウスポー

 

 

選手名 松永 昂大(まつなが・たかひろ)

 

経歴 高松商高-関西国際大-大阪ガス-ロッテ(2013①-)

 

2013年成績 58登板6先発 76.2投球回 4勝1敗28ホールド1セーブ 防御率2.11

 

選手紹介

幕張のブルペンを支える左のサイドハンド。斜めに鋭く切り込むスライダーは威力抜群。頑丈さも光り入団から7年連続40登板を達成し、現時点で135ホールドを挙げている。

ルーキーイヤーの2013年は開幕から一軍で活躍。新人ながらセットアッパーの座を勝ち取った。チーム事情で8月中旬に先発転向。中継ぎではリーグ3位かつチーム最多の28ホールド。先発でも6試合で2勝0敗、防御率2.57の活躍を見せ、チームのAクラス入りに貢献した。

翌年以降も中継ぎとしてタフに活躍していたが、ここ数年は蓄積疲労や故障に苦しんでいる。2022年は育成契約からのスタート。それでも、7月末には支配下に返り咲いた。復帰に向け全力を尽くすのみだ。

査定について

対ピンチC 得点圏被打率.205(88-18) 1被本   シーズン被打率.237(287-58) 4被本

対左打者C 対左被打率.224(107-24) 1被本   対右被打率.244(180-44) 3被本  他年度も考慮

クロスファイヤー 映像を見るとズバッと決まっていて付けたくなった。該当する成績が良いわけではないので次は付けないかも

ゴロピッチャー ゴロ率60.2%(リーグ平均46.2%)

逃げ球 被本塁打率0.47だが、ゴロピッチャーと荒れ球で十分かなと

 

コウテイペンギンの独り言

2013年プロ野球キャンペーン第5弾。則本昂大佐藤達也に阻まれましたが、新人王級の活躍。現在は登板もままならないなど苦境が続いていますが、復帰のマウンドを待ち望んでいます。他候補だった服部泰卓もいずれ作成したいです。

 

パワプロ2022 再現 藤井秀悟(2013DeNA) パワナンバー

 

連続無完投記録に終止符

 

 

選手名 藤井 秀悟(ふじい・しゅうご)

 

経歴 今治西高-早大-(東京)ヤクルト(2000②[逆指名]-2007)-日本ハム(2008-2009)-巨人(2010-2011)-DeNA(2012-2014)

 

2013年成績 21登板21先発 117投球回   6勝5敗   防御率3.54

 

選手紹介

先発投手として4球団で活躍した渡り鳥サウスポー。全12球団から勝利を挙げている。“afo”伝説でも知られ、グラウンド内外でしくじりが絶えなかった。

ヤクルトではローテーションを長期間担い、トレードで移籍した日本ハムと(表向きには)FA移籍した巨人では2年間投げた。2012年、村田修一人的補償としてDeNAに移籍。7勝を挙げた。

2013年は02年以来の開幕投手抜擢。4月27日の阪神戦で11年ぶりの完投勝利。自らが持つ連続先発未完投日本記録を107で止めた。変化球中心の投球で7月には完封勝利を挙げるなど活躍したが、8月下旬に故障離脱。

2014年は公式戦出場がなく、戦力外となり引退。引退後は打撃投手を務めていた。2022年からは関西独立リーグ06BULLSGM兼投手コーチに就任。講演や営業など幅広く活動している。

 

査定について

パワヒさんのものを参考にさせていただきました。

コントロール四球 与四球率4.46。投球術で抑えていた晩年査定で気持ち高めに

対ピンチC 得点圏被打率.232(99-23) 2本  シーズン被打率.263(434-114) 14本

対左打者B 対左被打率.212(104-22) 3本 OPS.673  対右被打率.279(330-92) 11本 OPS.794

一発 被本塁打率1.08

 

コウテイペンギンの独り言

2013年プロ野球キャンペーン第4弾はクセの強さが売りでもあった左腕。他候補は移籍後も流石の安定感を発揮したホルヘ・ソーサ。トレード、FA、FA補償と移籍の経緯が異なるのが面白いです。

 

パワプロ2022 再現 坂田遼(2013西武) パワナンバー

 

左のおかわり君

 

 

選手名 坂田 遼(さかた・りょう)

 

経歴 横浜創学館高-函館大-埼玉西武(2009④-2018)

 

2013年成績 .289(180-52)   6本   34打点   1盗塁2死   OPS.788

 

選手紹介

ロマン溢れるアッパースイングから飛球を放つ“左のおかわり君”。持ち前のパワーで主砲候補として期待されていた。

2013年は5本塁打を放つなど絶好調だった5月半ば、盗塁の際に肩を脱臼し3ヶ月以上も離脱。8月の下旬に一軍に復帰。右翼手のレギュラー格として出場したが、復帰後の打率は.206、本塁打も1本に留まった。

翌年以降も故障に苦しんだ。一軍出場なく終えた2018年オフに戦力外通告を受け引退。現在は西武で二軍スコアラーを務める。

査定について

チャンスC 得点圏打率.349(63-22) 1本 OPS.909

対左投手C 対左投手打率.322(59-19) 2本 OPS.812

粘り打ち 2ストライク打率.280(93-26) 1本

満塁男 満塁打率.600(5-3) 1本

併殺 195打席で7併殺

 

コウテイペンギンの独り言

2013年プロ野球キャンペーン第三弾。西武からは“左のおかわり君”こと坂田選手を選出。粘り打ちは豪快なイメージとは合わない気もしますが、打率を残している年なので付けました。他候補としては打点王に輝いた浅村栄斗がありました。

 

パワプロ2022 再現 八木亮祐(2013ヤクルト) パワナンバー

 

飛躍した若手左腕

 

 

選手名 八木 亮祐(やぎ・りょうすけ)

 

経歴 享栄高-ヤクルト(2009②-2016)-オリックス(2016-2017)-小林クリエイト[軟式]

 

2013年成績 26登板26先発 152投球回 5勝13敗 防御率4.44

 

選手紹介

最速149キロのストレートが光るサウスポー。高校時代は“東海のドクターK”と評された。

速球とスライダーが冴えわたった2013年はローテーションを守り抜き、初の規定投球回到達。勝ち運に見放されたこともあり、防御率と敗戦数は期待到達者の中でワーストだったが、不調な先発陣を支える活躍を見せた。

2014年も一軍戦力として活躍したが、故障もあり翌年以降は結果を残せず。トレードでオリックスに移籍するも飛躍できず、2017年限りでNPBを去った。現在は地元・愛知に本社を置く小林クリエイトの軟式野球部で腕を振る。

査定について

パワプロ村さんのものを参考にさせていただきました。

対左打者B 対左被打率.260(167-43) 2被本 OPS.690 対右被打率.300(418-126) 16被本 OPS.837

ノビB パワプロ村さんリスペクト

軽い球 本塁打率1.07。先発投手最低のゴロ率35.3%

 

コウテイペンギンの独り言

2013年プロ野球キャンペーン第2弾。ヤクルトからは飛躍の年であり、キャリアハイにもなってしまった八木投手を作成。他候補としては覚醒寸前の山田哲人、新人王・小川泰弘がありました。

 

パワプロ2022 再現 枡田慎太郎(2013楽天) パワナンバー

 

勝負強きスラッガー

 

 

選手名 枡田 慎太郎(ますだ・しんたろう)

 

経歴 智弁学園高-楽天(2006高校4巡-2018) 

 

2013年成績 .272(268-73)   8本   47打点   1盗塁   OPS.777

 

選手紹介

打撃センスが光り、将来が期待されたスラッガー。守備には難があったが、打力を評価した星野政権下では積極的に起用された。兄貴分として後輩に慕われる一面もあった。

2013年は勝負強さを発揮。5月に故障で離脱したものの、7月に復帰した後は左翼手のレギュラーに定着。楽天初のリーグ優勝、日本一に貢献した。

翌年以降は故障や打撃不振に苦しむ場面が増えた。2018年限りで引退。現在は仙台第一高でコーチを務める傍ら、仙台市青葉区で「おでん慎太郎」を経営する。

 

査定について

他の作成者の方々のものも参考にさせていただきました。

チャンスB 得点圏打率.364(66-24) 0本 OPS.929

対左投手E 対左打率.254(16-7) 0本 OPS.809  対右打率.278(57-10) 8本 OPS.669

三振 三振率26.0%(リーグ平均17.3%)

 

コウテイペンギンの独り言

2013年プロ野球キャンペーン第一弾は日本一に輝いた楽天から。生え抜きの名選手です。応援歌も有名ですね。他の作成候補としては新人王・則本昂大岩崎達郎など。

 

栄光つかむために 目の前の敵に立ち向かえ

勝利決めるスイングで 枡田慎太郎 共に行こう

 

 

2013年プロ野球キャンペーン (パワプロ2022 再現)

 

タイトルの通り、2013年プロ野球で活躍した選手を公開していきます。各球団1名ずつを予定。

 

 

2013年のプロ野球といえば…

 

楽天が創設9年目にして初のリーグ優勝、日本一

田中将大が24勝無敗の快挙

バレンティン日本記録の60本塁打

・則本、小川、菅野、藤浪らルーキー勢の奮闘光る

・二刀流・大谷翔平伝説の幕開け

・セは巨人が独走でのリーグ連覇

首位打者ブランコがバレンティンの三冠阻止

・統一球問題に終止符

長嶋茂雄氏、松井秀喜氏が国民栄誉賞受賞

・山本ジャパンが挑むWBCは苦戦、3連覇は叶わず

・中日、未だ抜け出せない低迷期に突入

 

 

上記のように、割と話題性のある一年だったかなと思います。一番遊んだパワプロが2013でその点でも思い入れがあります。マー君バレンティン、ブランコ、AJなど今作で既に他の方が公開している選手は作成しません。ルーキー大谷も。

 

枡田 慎太郎(楽天)

② 八木 亮祐(ヤクルト)

③ 坂田 遼(西武)

④ 藤井 秀悟(DeNA)

⑤ 松永 昂大(ロッテ)

 

 

画像 

https://www.nikkansports.com/baseball/photonews/photonews_nsInc_202101280000384-0.html

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2013/09/17/56_1/

https://mainichi.jp/graphs/20160927/hrc/00m/040/001000g/16

 

パワプロ2022 再現 平井正史(2003中日) パワナンバー

 

先発転向でカムバック賞

 

 

選手名 平井 正史(ひらい・まさふみ)

 

経歴 宇和島東高-オリックス・ブルーウェーブ(1994①-2002)-中日(2003 - 2012)-オリックス(2013-2014)

 

2003年成績 40登板20先発 144.1投球回   12勝6敗   防御率3.06   カムバック賞

 

選手紹介

オリックス、中日で活躍した剛腕。常時150キロを超える豪速球と落差のあるフォークが武器。リリーフ投手として長く活躍し、通算で569試合に登板した。

かつての新人王は勤続疲労に苦しんでいた。4年連続で一軍登板が1桁に終わった02年オフ、山崎武司との交換トレードで中日入り。シーズン序盤はリリーフとして活躍していたが、5月中旬から先発転向。ローテを担い、苦しむ先発陣を支えた。恩師・山田久志監督の休養が発表された9月9日の広島戦ではプロ初完封勝利。9,10月は4勝、3完投、防御率1.14で月間MVP。山田への恩返しとなる熱投だった。シーズンを通しても、リーグ2位の防御率、リーグ1位の対右打者被打率.193など素晴らしい成績を残し、カムバック賞を受賞した。

落合竜では中継ぎとして投手王国の一角を担った。晩年は古巣に復帰。現在はオリックスで育成コーチを務める。

査定について

カメハ大師匠のものを参考にさせていただきました。ははーっ。

対ピンチC 得点圏被打率.216(97-21)   シーズン被打率.244(540-132)

対左投手F 対左打者被打率.295(271-80) 8被本   対右打者被打率.193(269-52) 8被本

対ランナー ランナー一塁時被打率.333

尻上がり寸前 カメハさんリスペクト

 

コウテイペンギンの独り言

久々に更新しました。前々から作りたいと思っていた先発時代の平井投手です。濃い監督に挟まれてあまり目立ちませんが、山田ドラゴンズ結構好きです。