コウテイペンギンのパワプロブログ

「読む」パワプロブログを目指します

パワプロ2019 鶴田泰(1993中日) パワナンバー

 

 

落ち着いたマウンドさばきが持ち味のガラスの右腕

 

選手名 鶴田泰(つるた・やすし)

 

経歴 山梨県立塩山商業高等学校駒澤大学中日ドラゴンズ (1992② - 2000)ー広島東洋カープ (2001 - 2004)

 

1993年成績 29登板19先発127投球回   7勝11敗 防御率3.47

 

選手紹介

落ち着いたマウンドさばきと安定した制球が持ち味のまとまった右腕。塩山商高時にノーヒットノーランを達成し、駒大ではのちのチームメイト・関川浩一や同期の田口正徳とバッテリーを組んだ。東都大学リーグ通算で29試合に登板し8勝2敗、防御率2.07、111奪三振。4年の大学選手権では1安打完封もしている。

ルーキーイヤーの1993年はフォークのキレが良く*1、主に先発としてチーム3位タイの7勝を記録。防御率も悪くなかったが打線の援護が少なく負けが先行した。新人王も狙える程の成績だったが強烈なインパクトを残したヤクルト・伊藤智仁に敗れた。伊藤との直接対決は5月16日と5月23日の2回でどちらも敗戦投手になっている。

2年目は少し成績を落としたものの22試合に登板。そして迎えた3年目のアリゾナキャンプで右肘を故障。ここから2度の手術など長い怪我との闘いが始まる。

長いリハビリを終え1998年には再び一軍のマウンドに上がり翌1999年には5年ぶりの勝利を挙げる。しかし、リハビリ中にチームの層が厚くなっていたため登板は限られてしまった。そのこともあり2000年シーズンオフに紀藤真琴とのトレードで広島に移籍した。

広島ではローテの穴を埋めたり中継ぎをしたりして渋い活躍を見せた。移籍後3年間は毎年勝利を挙げたが、12年目となる2004年はキャンプ中の太もも裏の違和感で1ヶ月長の3軍調整を余儀なくされ、少ない一軍の機会では結果を残せず、戦力外通告を受け引退した。

 

f:id:EmperorPenguin:20200416224007j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200416224013j:plain

f:id:EmperorPenguin:20200416224025j:plain

 

査定について

対ピンチE 被打率.252 得点圏被打率.286

ノビC 地味ながらストレートのノビが良いとの記述&成績調整

球持ち〇 打者がストレートと他のボールを錯覚して打ち損じるとの記述

一発 被本塁打率1.113

 

コウテイペンギンの独り言

この選手の大きな特徴が「落ち着いたマウンドさばき」。結構この特徴で表現される選手っていると思うんですけど、パワプロ査定では反映しにくいなぁと感じました。今回の場合、対ピンチ打たれ強さのプラスで落ち着き感は表せると思うんですけどデータ的には上げられない。ただ例えマウンドさばき〇という特能を作ったとしても効果が設定しずらい。雰囲気的なものなのでデータ化するのが難しいんですよね。これ悪名高きムード〇とも通じるものがある気がしました。何か良い表し方がないものかな(詠嘆)。

 

 

 

 

*1:SFFで表現