コウテイペンギンのパワプロブログ

中日ドラゴンズのOB中心に作成中

パワプロ2022 再現 川崎憲次郎(1998ヤクルト) パワナンバー

 

シュートで打ち取る巨人キラー

 

 

選手名 川崎 憲次郎(かわさき・けんじろう)

 

経歴 津久見高-ヤクルト(1989①-2000)-中日(2001-2004)

 

1998年成績 29登板28先発 204.1投球回 17勝10敗 防御率3.04    沢村賞

 

選手紹介

90年代、ツバメのエースとして活躍した背番号17。若手時代はフォーク、ひじ痛発症後はシュートを武器に活躍した。ツーシームの握りで投げられるシュートは直球超えのスピードで食い込んでいく。通算88勝のうち29勝を巨人戦から挙げた‘’巨人キラー‘’としても知られる。

若くして活躍し、プロ2,3,5年目に二桁勝利。その後ひじ痛で低迷するもシュートを習得し復活。98年には打たせて取るスタイルを確立し、背番号と同じ17勝。リーグ最多の9完投3完封を挙げ沢村賞を受賞した。

00年オフに中日へFA移籍。だが、右肩痛にさいなまれ3年間1軍登板はなし。03年、オールスターのファン投票で「川崎祭」と呼ばれるインターネットでの嫌がらせの標的に。辞退したが、後味の悪い事案となった。04年には落合新監督から開幕投手に抜擢されるも、満身創痍の身体では結果を残せず。この年限りで引退。現在は解説者を務める。

査定について

パワプロ2020版のリメイク

フォークをスプリットに。変化量も修正。スラーブという手もあったが今回はイメージを重視

対ピンチBランナー

得点圏被打率   .217(184-40)  7被本   シーズン被打率.251(776-195)  22被本

対ランナー時被打率   .301(159-48)   5被本

ランナー一三塁を除いた得点圏被打率   .202(163-33)   5被本

対左打者F 対左被打率.292   対右被打率.214

一発 被本塁打率0.97

バント   デフォルト。実際に犠打16をきめている

 

コウテイペンギンの独り言

パワプロ2022発売後もアクセス数が伸びていたので再作成。シュートの情報は2008年発行の週刊ベースボールより