コウテイペンギンのパワプロブログ

「読む」パワプロブログを目指します

パワプロ2020 中澤雅人(2015ヤクルト) パワナンバー

 

便利屋として15年Vに貢献

 

 

選手名 中澤雅人(なかざわ・まさと)

 

経歴 富山県立富山商業高等学校中央大学トヨタ自動車東京ヤクルトスワローズ(2010①-2020)

 

2015年成績 35登板(0先発)29.2投球回 1勝2敗3ホールド 防御率3.03

 

f:id:EmperorPenguin:20210324232043j:plain

f:id:EmperorPenguin:20210324232052j:plain

f:id:EmperorPenguin:20210324232057j:plain

 

選手紹介

2010年代のヤクルトで中継ぎ、先発として投げた左腕。尖った特徴はないが全体的にまとまっている投手で、中継ぎ時代はブルペン事情が苦しくなる頃に登場し、勝ち試合、負け試合、接戦時、左のワンポイントなどあらゆる場面で投げた。

大学時代は怪我に苦しむも、社会人時代は08年の日本選手権で日本一に貢献し、09年の都市対抗でも活躍した。

プロでも1年目から登板機会を得る。最終的な防御率は5.68と苦しんだ部分もあったが、完封勝利を挙げるなど前半戦の活躍は光った。完封した試合には猛打賞を記録し、新人投手の猛打賞は38年ぶりのことで、新人の"完封&猛打賞"はドラフト制後初めてだった。

その後3年間は苦労したが、2014年途中からは中継ぎに転向。転向後は23登板で防御率0.84と復活を果たした。

2015年は自己最多登板。ビハインドやロングリリーフなどあらゆる起用に応え、チームの優勝に貢献した。

その後も中継ぎとして投げ、2018年は防御率は振るわなかったが自己最多の11ホールドを記録。2020年も28試合に登板したが、打たれることも多くなり引退を決意。今季からは二軍サブマネージャー兼広報として活動する。

 

査定について

対左打者C    対左被打率.254(63-16)  0本 対右被打率.302(53-16) 2本

変化球中心 ストレート投球割合32%

 

コウテイペンギンの独り言

派手な活躍は少なかったかもしれませんが安定して計算でき、ブルペン、そしてチームを支える貴重な戦力だったと思います。(シーズンは変わってしまいましたが)11年間お疲れ様でした。