コウテイペンギンのパワプロブログ

「読む」パワプロブログを目指します

パワプロ2020 荻野忠寛(2008ロッテ) パワナンバー

 

ミスターゼロ

 

 

選手名 荻野忠寛(おぎの・ただひろ)

 

経歴 桜美林高等学校神奈川大学日立製作所千葉ロッテマリーンズ (2006大社④-2014)ー日立製作所

 

2008年成績 58試合(0先発) 58.2投球回 5勝5敗30セーブ1ホールド 防御率2.45

 

f:id:EmperorPenguin:20210207215326j:plain

f:id:EmperorPenguin:20210207215333j:plain

f:id:EmperorPenguin:20210207215342j:plain

 

選手紹介

小柄であるが、低めへのコントロールカットボールや縦に落ちるカーブなどの変化球を武器に中継ぎ・抑えとして3年連続50登板し、自身の背番号と無失点に抑える姿から"ミスターゼロ"と呼ばれたリリーフ右腕。

アマ時代は神奈川大学リーグで最優秀選手3度、ベストナインを4度とり、日立製作所では1、2年目とエースとしてチームを引っ張るなど結果を残した。

プロでも1年目からリリーフとして活躍。17試合連続無失点を記録し、シーズン通算ではチーム最多の58登板、チーム2位の20ホールドをマークするなど大車輪の働きをした。

2年目の2008年は前年に退団した小林雅英に代わる新守護神に抜擢。前半は痛打されサヨナラ負けすることもあったが、後半戦は負け数が1と安定した。最終的には58登板で前年の小林を超えるリーグ3位の30セーブを記録するなど大活躍。抑えとしての仕事を全うした。

3年目は序盤の不調で中継ぎにまわったが、秋ごろには復調しルーキーイヤーからの3年連続50登板を達成した。帽子にトンボが居座った「荻野トンボ」はこの年。

2010年は前年終盤に負った肘の故障が悪化し一軍登板はなく、その後も勤続疲労からか、5度の手術を受けるなど故障が多く、2014年オフに戦力外通告を受けた。2015年から2年間古巣・日立製作所で正社員として働きながら現役を続けた。

現役引退後は講演や指導を通じて自ら考案した理論「スポーツセンシング」の普及活動に励む。自身が苦しんだケガの防止に加え、センスを鍛える方法を伝授している。

 

査定について

パワプロ2019版のリメイク

変更点

・コントロールを若干下げ低め〇を付与

逃げ球付与 被本塁打率0.46

 

対ピンチC 年間被打率.244 得点圏被打率.200

対左打者B 対右打者被打率.280 対左打者被打率.206

変化球中心 変化球の割合が高く、特にカットボール投球数はストレートと同じくらい

 

コウテイペンギンの独り言

本ブログ初のリメイク版です。査定は見直しましたが、記事はほぼコピペとなっております。今後もたまにリメイクはさんでいこうと思います。